禁断の超高速燃費テストで意外な実力が続々判明 人気車たちの120km/hでの燃費は??

カー ベスト

😜 さらにカーボンセラミックブレーキなど採算度外視の軽量マシンに仕立て上げた「カーボンセラミックパック」も用意。

1

これが令和のクラウンか 12.9いよいよ登場!航続距離850km 新型MIRAIが示す新世紀

カー ベスト

☭ それでもアジリティ(編注:軽快さ、機敏さなどの意)などスポーツ性を重視して比較的硬めのサスが売りだったのだ。

14

【まるも亜希子の「寄り道日和」】日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー取材会に参加しました

カー ベスト

😝 グレードは標準がGで上級はZ、GはベースとAパッケージ、エグゼクティブパッケージ、Zはベースとエグゼクティブパッケージの構成。 なんて贅沢! プラットフォームのよさ、一新したパワートレーンがとても滑らかでパワフルなこと、静粛性や乗り心地にも注力したことなど、コーナリング中に「こういうところです」なんて実況していただけたので、プレゼンを聞くよりも実感しやすかったです また、この10ベスト試乗会の醍醐味として、メーカーの開発者から直接、セールスポイントが聞けるのもいいところです。 レヴォーグの乗り心地はこれまで硬かった。

ベストカー

カー ベスト

😁 これは全車種規模の問題だったのだが、ランドクルーザーについては少しだけ事情が複雑だ。

18

新型レヴォーグで「STIスポーツ」異例人気の訳 実は乗り心地もひと味違う!?

カー ベスト

🤫 というのは女性同士だと、まず目が行くのはデザインやボディカラー、インテリアのセンスだったりするんですね。 この中から選ばれるイヤーカーはどれか? 改めておさらいしよう。

5

21世紀初頭のベスト・カー決定! もっとも記憶に残ったクルマはどれだ? 第2位マツダ・ロードスター

カー ベスト

😍 ベース・モデルでは車両重量が1tを切る見事な成果だ。 サスペンションストロークを長くしたことと相まってかなり快適。 「数多くのフォロワーを生んだが、デビューから30年余りを生き延びたのはロードスターだけ。

15

21世紀初頭のベスト・カー決定! エンジン“ホット100”スペシャル・ランキング

カー ベスト

🤑 なお、姉妹モデルであるレクサスLXの次期型については、まだ何も情報が入っていない(ランクル300登場後1~2年後のフルモデルチェンジと予想されるが)。 日本ではニコル・オートモビルズが輸入販売をおこなっている。

11